▲ ページの先頭へ

工事状況

工事状況 2020.06

外壁のタイル工事の様子です。赤い糸が水平直角の基準となっています。

 

4床室です。天井が貼られているのが分かります。壁や床はこれからです。

 

屋上の様子です。屋上にも様々な機械を設置します。

 

リニアック棟の見下げ写真です。躯体工事が完了し、外装、内装工事へ移ります。

工事状況 2020.05

リニアック棟床の鉄筋工事です。躯体工事は間もなく完了予定です。

 

内装工事の様子です。高所での作業は、安全に十分配慮し、高所作業車等を用いて作業を行います。

 

 

内装ボードの施工が進み、完成後の病院が少しずつイメージできるようになってきました。

 

屋上に据えた設備機械です。病院は、一般的な建物よりも特殊な設備機械が多く設置されます。

工事状況 2020.04

エスカレータの工事です。大きな機械は搬入方法の綿密な検討が必要です。

 

アルミカーテンウォールにガラスが設置されました。

 

リニアック棟の全景写真です。主に型枠工事が進捗しています。

 

リニアック棟の遮蔽鉄板工事です。放射線治療を行うため特殊な鉄板を用いています。

工事状況 2020.03

北工区の一部でタイルを施工しました。

 

アルミカーテンウォールの工事写真です。

SHIMADAプラザなどで採用されています。

 

躯体工事も終わりに近づき、各階で内装工事が進んでいます。

 

リニアック棟の型枠工事の様子です。梁の厚みがよく分かります。

工事状況 2020.02

屋上階で型枠建て込み作業をしています。背景から建物の高さがうかがえます。

 

アルミ建具を設置しています。

 

機械設備工事です。天井についている銀色の筒状の物が、空気の通り道になります。

 

リニアック棟の全景写真です。新病院に近接した位置にあるのがよくわかります。

工事状況 2020.01

北工区で内装のボードを施工しています。高いところでの作業なので高所作業車を使用しています。

 

東工区で床の鉄筋を組んでいます。

 

西工区の鉄骨工事の様子です。右手に見えるのはタワークレーンの架台です。

 

リニアック棟の施工場所にて掘削工事を行っています。リニアック棟は鉄筋コンクリート造の建物です。

工事状況 2019.12

東工区の鉄骨建て方の様子です。柱や梁を順番に組み立てていきます。

 

ECPと呼ばれる外壁の取付工事です。

 

内装工事が進んでいます。こちらはガラスが設置されています。

 

天井裏の配管工事です。躯体工事の進捗に合せて、設備工事も進んでいます。

工事状況 2019.11

一部の部屋のモデルルームを作成しました。病院従事者の皆様に日々見学していただき、ご意見をいただいています。

可能なものについては、新病院を建てる際にご意見を反映する予定です。

 

耐火被覆の工事です。文字通り、火から鉄骨を守るための工事です。

 

外装工事に着手しました。新病院の外観が少しずつ出来上がっていきます。

 

東工区の鉄骨工事です。柱や梁、階段がついているのがよく見えます。

 

工事状況 2019.10

北工区の2階の様子です。鉄骨の梁や柱に耐火被覆が吹いてあります。

 

北工区の1階にあるモデルルームの内装工事です。

 

東工区でデッキを敷いています。1階の床になります。

 

東からの全景写真です。北工区は最上階まで鉄骨が組みあがっています。

工事状況 2019.09

鉄骨を揚重しています。迫力のある一枚です。

 

上階にて鉄骨を組み立てています。器具で仮固定した後、溶接をして完全に固定します。

 

鉄骨が組みあがった後にコンクリートを打設する場合は、このようにポンプ車を使用します。

 

西工区ではスラブ上で配筋作業をしています。この後、コンクリートを打設して免震工事に移ります。

 

新市立島田市民病院建設工事