▲ ページの先頭へ

工事状況

工事状況 2019.07

北工区にて、1階床の配筋作業を行っています。

 

東工区にて、仮設構台の上からコンクリートを打設しています。将来的には構台は解体する計画となっています。

 

西工区にて、新しいタワークレーンを組み立てています。組立ての際は、他のクレーンを使います。

 

タワークレーンが3台になりました。各工区でタワークレーンを使用して工事を進めていきます。

工事状況 2019.06

西工区の杭打設の様子です。170本の杭打設が無事に完了しました。

 

穴をふさぐようにデッキを敷き、配筋をした後にコンクリートを打設します。

 

いよいよ鉄骨工事に着手しました。

 

鉄骨工事の着手に伴い、立柱式を行いました。

 

工事状況 2019.05

擁壁の鉄筋と型枠です。手前に型枠を立て込んだ後、コンクリートを流します。

 

鉄筋の圧接工事をしています。

 

免震装置の設置工事です。

 

5月からタワークレーンを1台追加しました。今後もう1台増やす計画になっています。

 

工事状況 2019.04

北工区、免震工事の様子です。

 

北工区、スラブコンクリート打設の様子です。ポンプ車を使用して打設しています。

 

 

 

西工区、構台下を掘削しています。

 

構台越しの既設病院です。

タワークレーンを2台追加する予定となっています。

工事状況 2019.03

地中障害物撤去の様子です。

 

地中に配管を設置する工事です。設備工事も進めています。

 

コンクリートを打設する前の状況です。組んだ鉄筋に型枠を設置してあります。

 

西工区にて、山留を打設しています。奥には救急センターが見えます。

工事状況 2019.02

既設浄化槽解体の様子です。

 

北工区の掘削後の様子です。

 

タワークレーンで揚重しています。

 

北工区にて配筋作業中です。

 

 

工事状況 2019.01

浄化槽棟内の設備工事の様子です。

 

浄化槽棟の設備機器の一部です。

 

打設前の杭です。

 

タワークレーンを設置しました。

 

 

工事状況 2018.12

完成した仮設渡り廊下です。

 

浄化槽棟屋上の配筋後の写真です。

 

オイルタンク設置の様子です。

 

新病棟の杭工事です。左手前の杭を立てこみます。

 

工事状況 2018.11

コンクリートの打設後に押さえをしています。気温が低くなると夜遅くまでの作業となることがあります。

 

浄化槽棟が1階まで立ち上がってきました。

 

新棟の杭を立てこんでいる様子です。

 

現場内で多くの重機が稼働しています。現在の病院よりも高い重機ばかりで迫力があります。

工事状況 2018.10

仮設の渡り廊下です。12月中旬から使用開始予定です。

 

仮設渡り廊下の位置は救急センターと既存病院の間です。

 

山留H鋼の打設状況です。青色のオーガーという機械を使用します。

 

山留のH鋼打設後の状況です。一列に並んでいます。

 

新市立島田市民病院建設工事